【実例】和室のかべをDIYで明るく“第2弾” ④ウッドカーペットを敷く

【安東英子先生認定】
美しい暮らしの空間アドバイザー
おの みわこです。
~お片付け・収納のプロ~
大阪府を中心に活動しています。
=遠方の方はご相談ください=

60年経つ古い砂壁を、初挑戦の漆喰で修繕しました。
漆喰は壁のヒビや隙間、凹凸を隠すのに持ってこいの素材です。

今回は壁完成後、傷んだ畳の上にウッドカーペットを敷きます。
さらに部屋が明るくなりました。

Zoomセミナー開催のお知らせ

講師:安東英子先生のZoomセミナー

おうち丸ごと片付けよう!
「おうち丸ごとお片付け」とは、安東英子先生が50年以上も前から編み出し、実践しているお片付けです。

「おうち丸ごと片付けたいけど、どうすればいいのか…」

安東先生に直接質問もできる、Zoomセミナーです。

講師:美しい暮らしの空間アドバイザーのZoomセミナー

【写真・思い出品 整理】
Zoomセミナー
12月期開催決定!
お申込み受付中です

講師:柴田 佐妃子アドバイザー
~大切なのに、ついつい後回し
貯めがちになる
写真や思い出品。
解決方法を学べます!~

「着物の世界」
片付け・収納Zoomセミナー
講師:富岡 幸子
アドバイザー
日舞を通して学んだ
着物の取り扱い 着物を見る目
12月期 募集中です!
着物でお困りの方
是非ご参加ください!

古い畳をどうするか

今回は床の作業です。

昭和カラー・オレンジイエローの絨毯は撤去。

大きな絨毯は敷きっぱなしになってしまいがちです。

【ラグやカーペット、洗っていますか?】 洗わない…クリーニングにも出さないとなると、それは大きな汚れた雑巾です。買ってから一度も洗っていない方が多いです。

処分の予定ですが、このままだと大型ゴミとして、費用に300円かかります。

半分にカットして荒ごみの予約日に出せば、無料になります。

じゃあ切ろか。…となります。

のこぎりの音を聞いた近所のマダムが「何してんの~」と見に来ました。

「300円のバイト」と答えると「切ったらタダやもんな!」と納得した感じで去って行かれました。

普段から通りすがりに「今日ゴールドブレンド安いから、はよ行きや」とか、教えてくれる親切なマダムです。

毎年12月に粗大ゴミが集中

話は逸れますが今ちょうど、大阪府枚方市のごみ収集車が、お知らせを放送しながらゴミを収集しています。

内容は
『 毎年、12月は粗大ごみ収集の申し込みが非常に多くなります。

申し込み受け付け分については、年内に収集を行う予定ですが、収集可能な件数を超える申し込みがあると、年内に収集ができない場合があります。

できるだけ早めに申し込みをしていただくか、翌年の1月に申し込みをしていただきますようお願いします。』

とのことです。

なるほど。
お客様のお宅にも、この情報はお伝えしておこうと思います。

ゴミは捨てる…当たり前のことですが、その捨て方にも問題が。

部屋から絨毯が無くなり、傷んだ畳が顔を出しました。

この部屋は、4畳半の畳部分に板の間が追加されています。

ちょうど和ダンスが二棹置いてある部分が板の間です。
むかしは、あらかじめタンスを置くスペースとして、板の間を設置することがあったそうです。

そのため、タンスがあっても畳の部分はまるまる4畳半あるわけです。

「 こっちの部屋はタンスとか置きたいから、畳の上にウッドカーペット敷こか。」
ということになりました。

ウッドカーペットは簡単に敷くことができますが、畳の通気性が悪くなってしまうデメリットがあります。

あらかじめ畳の上に防カビシートを敷いておくことをお勧めします。

防カビシート

部屋の大きさ4.5畳分を購入しました。
3,000円くらいです。

うすくて丈夫な紙です。

一枚で、畳いちまい分くらいの大きさです。

ウッドカーペットを買いに行く

ウッドカーペットは近くのニトリへ行って、持って帰ってきました。

しかも家に着いてから誰もおらず、2階までひとりで運んできました。

もうここまで来たら、意地でも1人でやろうと思います。

インターネットで注文し、店舗に取りに行けば送料無料…だったので、車で引取りに行きました。

番号札を取り、しばらく店のレジの前で待っていました。

お店の方がきて困った表情で「大きいお車ですか?」とわたしに聞くので「軽のバンです」と答えると

「申し訳ないんですけど、大きすぎて、かなり重いので直接倉庫へ行ってください」と言われ、無理かも…という感じで心配そうでした。

車でニトリ店舗の裏へまわり( 初めて行きました )、倉庫から直接、何とか車に押し込めることができました。

ダイハツ・ハイゼットカーゴに乗って行きました。
写真は以前のものですが、絨毯のように、今回は2.6mの梱包されたウッドカーペットを積みました。

大きかったので、助手席を前に倒して車内スペースを対角線上に確保。

そうするれば、大きいウッドカーペットがカツカツで積載可能でした。

ウッドカーペットを敷く

オープン!いいにおいがします。

古い家具は渋くて暗い色が多いので、明るい色のウッドカーペットを選びました。

カーペットの前に防ダニシートを敷きます。

段ボールに二人で作業するよう、注意書きがありました。

読みましたが自己責任発動。
ひとりでやりました。

壁と床の完成です!

あの~、来て頂く前にちょっと、床を整えておりまして…。
今度こそ、お迎えに参りました。

《にほんブログ村》に参加しております。
安東流なら片付くよ!

本物のお片付けで皆様に笑顔の暮らしを!
↓↓↓応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です