95歳 祖父の部屋をお片付け*OKがでた(2)

【安東英子先生認定】
美しい暮らしの空間アドバイザー
おの みわこです。
~お片付け・収納のプロ~
大阪府を中心に活動しています。
=遠方の方はご相談ください=

【写真・思い出品 整理】
Zoomセミナー
9月開催は満席となりました。

講師:柴田 佐妃子アドバイザー
~大切なのに、ついつい後回し・貯めがちになる 写真や思い出品。解決方法を学べます!~

祖父の部屋をお片付け(2)

祖父(95歳)の部屋を片づけることになりました。
(ブログ掲載の許可を頂いています)
元来 物を捨てる事が嫌い。コレクター気質も持ち合わせています。

今回は 実際に祖父の部屋を片付けながら、お片付けの 基本的な流れを お伝えします。

祖父の事例は 物が多い方ですが、そうでない場合も 片付ける順番は 変わりません。


~いきさつ~
祖父が車椅子の生活になり 老人ホームへ、2週間後 入居することになりました。
白いチェストや本、DVDなどをホームへ持って行くそうです。
そのため 2階にある 祖父の部屋を片付け始めました。

① 床面を 広く開ける

(収納から、全部出すための作業場所の確保)

戦前の写真

床面を広く開けるために 折り畳みベットを畳むと、ベットの下から 写真が沢山入った 缶が出てきました。
白黒写真、セピア系、カラー。人間も年代も混在しています。
急いで作業のはずが、ついつい見てしまいます。
白黒写真は、大きさがまちまちで、整理しづらそうです。

祖父の白黒写真

人間、長く生きると持ち物が 歴史的風情を帯びてきます。
長老写真はおよそ100年前。
となると全員、普段着は着物。道は地道がスタンダード。

写真の場合、技術の進歩と同様に その保管方法や整理方法が様々です。

大きくはアナログとデジタルに分かれるとしても、やはり最良の整理整頓方法が知りたいところです。
そんな方に…

Zoomセミナー【写真・思い出品整理】

お申込み受付中です!

祖父の写真の様に 古い写真から、現代のデジタル写真、大切な思い出品の整理方法 などが学べます。

少人数制ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

講師は、柴田 佐妃子アドバイザーです
!詳しくは↓↓↓


祖父の部屋に戻ります。

部屋の様子

4畳半の和室ですが、壁側にびっしりと 積み上げられたカラーボックスの中に、本がぎゅうぎゅうと 押し込まれています。
埃が積もり、圧迫感があります。
さらに 一番上面には絵やら寄せ書き等が置かれ、何年もそのまま そこにあるようです。

本の手前には 人形の置物、ペン、爪切りやメガネなど、細々とした物が置かれています。

「メガネ」と書かれた紙が貼りつけてある引き出しには、メガネはひとつも入っていません。
他の引き出しも同様です。
しかも「メガネ」と書かれた引き出しは 合計3つもあります。
よく祖父が『自分の部屋に居ると、混乱するねん』と言っていましたが、その原因の一つと考えられます。

引き出しがたくさんある

床面を開ける作業

少し他にそれましたが、床面を開ける作業の方は、折り畳んだベットの上も利用し、最低限の場所を確保しました。

②押入れの戸袋と上段を全出しする


『安東流・片付けの順番』では、造りつけの収納から見直していきます。
和室なら押入れです。


押入れの作業は 戸袋→下段→上段が順番ですが、部屋のスペースがないため 先に上段を全出しし、スペース確保。
ここに本を集めます。

押入れの上段に入っていた棚類は処分しました。


本は1階の倉庫へ移動するので、持ち運びやすいように紐でくくっています。

単行本を押入れの奥から順に
積み上げていく。
軽い単行本を安定させるため、手前に
徐々に重い本を積み上げていく
Before
途中経過
途中経過

押入れの戸袋は 解体した家具の一時置き場です。
廊下に 処分する収納用品を出しました。

場所を取る
ラック類は処分

③ 分類したものを種類ごとに配置

ここまでの作業で、モノの分類が進みました。

さらに部屋を大きく3つにゾーン分けします。

  • 押入れ上段
  • 押入れ下段
  • 部屋の床部分に引き出し収納

    ゾーンごとに分類したものを集合させていきます。
  • 押入れ上段に本、dvd、書類。
  • 下段に処分して良さそうな物(あとで母に判断してもらう)。
  • 引き出し収納は、衣類です。
    ↓ ↓ ↓

④ 多すぎたり 使いづらいモノは処分

小さい収納家具と、100均の半透明のボックスが多数ありましたが、使いにくく かえって場所をとるため、ほとんど処分しました。

今回は、祖父の物の分類作業を中心に 作業の流れをお伝えしました。

お片付けは続きますが、①~④の作業を繰り返して完成に至ります。

祖父は100均へ よく行っていたそうです。
110円(税込) だからと言って、ホイホイ買っていると とても大きな金額になってしまいます。

100均へ行くなら、安東先生の「こんなのを選んでね」~のカゴです。
色々買うと、それが散らかる原因にもなります。

【片付け収納で一番使う100均のカゴ…実例紹介】セリアとダイソーのカゴの品番は概要欄に記載。クローゼット、キッチン、洗面所…このカゴは色んな場所で使えます。

《にほんブログ村》に参加しております。
安東流なら片付くよ!

本物のお片付けで皆様に笑顔の暮らしを!
↓↓↓応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。