【野鳥】ツバメの巣と人の住居への影響

片付けの伝道師
安東英子先生認定
美しい暮らしの空間アドバイザー
小野 美和子
安東流
本物のお片付けをご一緒に

◎活動地域
大阪府 京都府 奈良県
その他 地域はご相談ください
小野美和子への
お問合わせ・お申し込みは
こちらです

7月の初旬、近所の軒先にツバメの巣を見つけました。

他の鳥と違い、ツバメは人の目にとまるところへ巣作りをします。
今回は、身近な野鳥であるツバメと、ひとの住居の関係についてのお話しです。

Zoomセミナー開催のお知らせ

【書類整理Zoomセミナー】
講師:風穴 三樹子アドバイザー

書類整理Zoomセミナー 11~12月期の募集中です!
今年さいごのセミナーです。

詳しくは👆をクリック
してください

定員は、1回12名程度。
少人数制で、たくさん質問ができて
疑問を解消できる
セミナーです!

安東先生のYouTube『美しい暮らしの空間チャンネル』
ランニングコーチ安喰太郎さん、スタジオのお引越しシリーズ

いよいよ、現場はお引っ越し先1DKへと移りました。
ミリ単位の女王である安東先生の「目ジャー」が目白押しの回です!

⑥引越し~無印の引き出しケースが奇跡のドンピシャリ! ビクともしない~他にもドンピシャリが次々と!

~~ここから本文です~~

ツバメの巣

7月の初旬、歩いていると鳥のフンが落ちていました。

見上げると巣があって、なかの1羽と目が合いました。

ツバメは泥とワラを 唾液で固めた、おわん型の巣をつくります。

春になると、およそ2,000km~5,000kmもの距離を、フィリピンやベトナム、マレーシア、インドネシアなどの南方から、はるばる日本へとやってきます。

わたしの住む関西では、4~6月頃がツバメの繁殖期とされていますが、もう7月。

春から夏にかけて、2回子育てをするペアもいるそうなので、もしかするとヒナの親御さんは2回目の子育てかもしれません。

頭頂のうぶ毛バクハツ

ツバメは人工物( ここではテントの骨組み )を土台に巣を造り、民家の軒先など、人が住む場所で繁殖します。

これは天敵のカラスが近寄りにくいからだと考えられていますが、あえて人間の目にとまる場所に巣を造る点では、他の鳥と一線を画します。

3日後、見に行くと全員おひる寝。
一瞬ダメかと思ってしまいました。

Z Z ZZZ

1週間後。

喉のところが、親鳥のように赤く色づいてきました。

日本野鳥の会では2013年から2022年まで「ツバメの子育て状況調査」を実施したそうです。

8年間で5351人から延べ1万586カ所の巣について報告され、うち46%が巣立ち、その平均値は巣1か所あたり4羽でした。

近所のツバメも4羽。

「そろそろ飛び立ちそう」な大きさになっているので、3日後また見に行きました。

もう、巣が手狭な状態です。

つぎ見に行くと巣は空。

あっさり飛び立ったあとでした。

成長ビフォー☆アフター

ビフォー
☆アフター

日本でのツバメは穀物を食べずに害虫を食べてくれる、益鳥( えきちょう:人や農作物によい影響を与える鳥)として、大切に扱われてきました。

『ツバメの巣のある家は安全』という言い伝えもあって、巣立った後の巣を大切に残しておくことも多く、瑞鳥( ずいちょう:めでたい鳥 )としても知られています。

しかしツバメの個体数は近年減少傾向にあり、大阪府吹田市による調査では、1998年と2010年を比較すると1/3になっているそうです。

ツバメの子育て応援期間

ツバメが巣で子育てする期間は、2週間程度です。

フンが困る場合は、段ボールや新聞紙を活用して、受け皿をつくってあげると掃除がカンタン。

日本では法律で、都道府県知事の許可がなければ、卵やヒナがいる巣を壊すことは違法になります。

巣立ちと旅立ち

巣立ちを終えたヒナと親鳥は、河川敷や ため池の 葦(あし)原などに集まり、数千羽から数万羽の集団ねぐらをつくります。

そこでたくさんのエサを食べて渡りに備えます。

そして秋が近づく9月~10月になると、九州、沖縄を経て海を越え、南方へと渡っていきます。

再び南方から日本へ渡ってくるのは、次の春です。

これまでお片付けに伺ったお宅では、それぞれ様々なペットを飼っておられました。

いまのところ、ネコさん率が高めです。

ペットも野生動物も、人にとって暮らしを豊かにしてくれる大切な存在だと思います。

さいごまで読んで頂いてありがとうございます。

月曜あさ6時に定期更新しています。
またのご訪問をお待ちしております。

《にほんブログ村》に参加しています。
安東流なら片付くよ!

本物のお片付けで皆様に笑顔の暮らしを!
↓↓↓応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

これまでにブログでご紹介したお片付けを
ショート動画にしています。

    【野鳥】ツバメの巣と人の住居への影響” への2件のフィードバック

    1. おはようございます。
      お邪魔しま~す。
      ツバメの巣、街角で台風が来ても壊れない場所に作るので、偉いなぁ~っていつも思っています。我が家は瓦屋根で、建て売り住宅なんですが、先にスズメさん一家が入居されていました^^なので、ツバメは近くの電線にとまって、いいなぁ~って眺めているだけで、たいてい、スズメさんにこっぴどく追い払われています^^
       この春、庭のハナミズキにシジュウカラが巣を作って巣立って行きました。シジュウカラさんは、家に直接、巣を作らないので、我が家のスズメさんご一行(4世帯ぐらい居ます)からも黙認されたんだと思います。巣は崩さずに、来春、補修してまた使うかも知れないので、見守りますねっ♡台風が来るので、春までもつか?心配ですが、その時は頑張ってリフォームしてもらいましょう~
       お邪魔しました。
      ものすごい暑さです。どうかお身体大切に♡

      1. 二色 恋さん、コメントありがとうございます。
        ご自宅にスズメさんやシジュウカラさんの巣があるなんて、絵本の中のお話を聞いているようで本当に素敵です。
        確かにツバメの巣の設置場所は、様々な条件を満たした一等地…
        きっと二色恋さんのスズメさん宅も、シジュウカラさん宅も、かの業界では太鼓判が押されているに違いありません。
        小鳥の巣や、甲斐甲斐しく子育てする様子を見ていると、こちらも襟を正さねば、と思います。
        暑い日が続きますが、関西組・元気に頑張ります。
        二色恋さんも、お体ご自愛ください。
        ありがとうございました。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です