95歳 祖父の部屋をお片付け*OKがでた(4)

【安東英子先生認定】
美しい暮らしの空間アドバイザー
おの みわこです。
~お片付け・収納のプロ~
大阪府を中心に活動しています。
=遠方の方はご相談ください=

【写真・思い出品 整理】
Zoomセミナー
お申込み受付中です!

お申込みは、
柴田アドバイザーのブログから
講師:柴田 佐妃子アドバイザー
~大切なのに、ついつい後回し・貯めがちになる 写真や思い出品。解決方法を学べます!~

自由な白黒写真

『昔の白黒写真っていうのは、どうしてあんなにサイズが色々なのかな。どうやったら上手に整理整頓できるんだろう。』
祖父の写真を見ながら思います。

【写真・思い出品整理】Zoomセミナーでは、様々な年代の写真(フイルム写真やデジタル写真など)を整理整頓する方法が学べます。
思い出品は 保管方法で状態に大きく差が出るので、最良の方法で収納しておきたいものです。
オンラインなので全国どこからでも受講できます。
Zoomについて分かりやすい説明もございますので、初めての方もご安心を。

講師は柴田 佐妃子アドバイザー。詳しくは↑ ↑ ↑
9月11日(日)は満席となりました。少人数制ですので、お申込みはお早めに!

祖父の部屋のお片付け(4)

95歳 祖父の部屋をお片付け中です(ブログ掲載許可を 頂いています)。

これまでお片付けを敵対視し、数々の部屋を物でいっぱいにしてきましたが、体が衰え、本人の希望で老人ホームへの入居が決まりました。

( 決定後に祖父の気が変わり、悩んでいるようです。)

清掃工場へ不用品を持ち込んで処分し、部屋にスペースが生まれました。


今回は①衣類と②本のお片付けの状況をお伝えします。

① 安東流の たたみ方

前回、引き出しから全部出した衣類は 安東流で畳み、収まりました。
着たことがないであろう洋服も多数ありますが、取捨選択は母に行ってもらいます。

~安東流・アルアル~

安東流で畳んだら、空っぽの収納ができました!

安東流でたためば、必ずそうなります。
ちょうど祖父がホームへ持って行く予定の 引き出し収納が空いたので、いったん引き出しを抜き、隅まで奇麗に拭きます。

これで、この部屋にある衣類の整理整頓は終わりました。

そう。他の部屋にもまだまだあります。
背広、マフラー、ラクダの肌着、カバン、ちゃんちゃんこ、セーター。…。

全出し
収納

祖父が好きな物(1)

祖父はお人形が好きです。
お気に入りは、ペコちゃんと、だるまと、おしゃべりな犬です。
この人形たち、あの部屋のどこにあったの?…わかりません。
ご紹介します。

不二家のペコちゃんよ
首が揺れるの。
うわ~っっ怖!
って
みんなから怖がられて
事務所の隅に

置かれてたのを
お爺さんに見つけてもらって
この家に来たんだ~
僕は通販の人気者。
電池がすぐ空になっちゃう。

目もとろんとしちゃう。
本当はおしゃべりなんだよ
お一人ずつ
写真を撮るので
感覚を空けて
お並びください。


だって。

他にも信楽焼きの人形とか、小さい銅像みたいな孫悟空など、色々とありますが、どれを特に、持って行きたいのか分かりません。

祖父に聞いたら、全部と言う性格なので、下手に聞けません。

そこで、祖父がお人形をご指名すれば、 ホームへ持って行くことにしよう、と決定。

② 衣類は軽いが,本は重い

祖父の周りには、決まってたくさん本があります。

昭和の百科事典

50~60年位前に、20巻以上ある百科事典や文学全集などを買い揃えるブームがあったらしく、家にも古い全集ものが 何セットかあります。

下の写真は主に古典の全集モノ。
背表紙にそう書いてあるので、きっとそうです。
今まで背表紙だけを見てきました。

古本屋さんは、全集モノを買い取ってくれません。

かなり前に 祖父が百科事典を処分する、と言い出しました。

こことは全く別の部屋に、天井に近い高さのある 大きな本棚があって、そこに黒い背表紙の百科事典が20巻位ありました。

百科事典は、かなりのスペースを占拠していると言います。
しかし祖父は、すぐに捨てるようなことができません。

この百科事典は値打ちがあるから 誰か欲しい人にあげることにする。

そう言って、すぐ人に見せる準備でしょうか。
家の階段にズラリと置きっぱなしにしました。

そして1年以上探しても、誰も欲しがりませんでした。


最終的に、私がスーパーに隣接する古本回収ステーションへ持って行き、他の本とも合わせて お買い物割引券(500円)になりました。


“僧侶は日常生活自体が修行である”そうですが、こっちの日常生活を僧侶が見たら、苦笑するでしょう。

本を1階へ下ろす

祖父の部屋は2階なので、この部屋にある本をほぼ全部1階に持って降ります。
( 先ほどご紹介した古典全集の入った本棚に、少し入れます。)

祖父が母に毎日毎日、2階にある本を持って来い と言うため、しょうがないから一気に全部、私が下ろしてしまおうということになりました。
祖父の居るリビングは置くスペースがないので、一階の倉庫に移動します。

《祖父の意地悪・エピソード1》

祖父は意地悪なので、わざわざ無い物を欲しがります。

母が2階まで 希望通りの本を取りに行ってあげても、祖父は「この本の隣にあったヤツや」とか「勘違いしてた」とか言って何回も取りに行かせるだろうと、察しがつきます。

実のところ、祖父が実際に本を読んでいる姿を、この頃見たことがありません。
でもこれは、祖父の意地とプライドの問題です。

~いろいろ面倒でも、付き合ってあげるのがオ・ト・ナ。~
と、大人な母から教わりました。

祖父はデイケア・サービスへ行く時、本を5冊以上持って行くと言う場合だけ、母に思いっきり、たしなめられています。

全部読むからな

祖父の本を全部下ろす

前回 本と書類は紐でくくり、移動しやすくしましたので、全て運び出します。

第一団
いったんここに集合
次はここへ集合

押入れの上段いっぱいにあった本を全部 1階の倉庫へ運び下ろしました。

屋根から瓦を降ろす作業に似ているかも…。

あっちの方がずっと重いけど。
今では滅多に見られない光景ですが、あの、瓦屋さんが使いこなす 瓦専用の昇降機があったらいいな…。
などと考えながら、階段上がって本を持って、また下りて。
繰り返し繰り返しで本を下ろしました。

押入れの上段から本がなくなりました。

Before
After

ガランとしてきました。

今回は衣類と本のお片付けをしました。
これらの作業が終わったので、
祖父の部屋のお片付けも終盤戦となります。

屋根裏収納の是非

この家を建てた時、屋根裏収納はあえて作らなかったそうです。

施工業者さんから 屋根裏収納を薦められたそうですが、なかなか捨てられない性格なので、屋根裏があると 余計にものが増えるからと思ってやめておいたそうです。

母が「たまには正解の時もあるやろ」と言っていました。


【不安を感じる収納場所が家の中にありませんか?】不安を感じるということは危険な場所です。年齢と共に、収納の見直しはしないといけません。

《にほんブログ村》に参加しております。
安東流なら片付くよ!

本物のお片付けで皆様に笑顔の暮らしを!
↓↓↓応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。