ガレージ①~お片付けとDIYは何度でも~

片付けの伝道師
安東英子先生認定
美しい暮らしの空間アドバイザー
小野 美和子
安東流
本物のお片付けをご一緒に

◎活動地域
大阪府 京都府 奈良県
その他 地域はご相談ください
小野美和子への
お問合わせ・お申し込みは
こちらです

いま、家の倉庫でDIY作業中です。

この倉庫は過去に2回、工務店が改築しています。
今回は2回の改築に至るまでの過程を振り返りました。

Zoomセミナー開催のお知らせ

美しい暮らしの空間アドバイザー
~無料Zoom説明会~

詳細はこちら👆

「美しい暮らしの空間アドバイザー」になりたい
興味がある方対象のZoom説明会です。

【書類整理Zoomセミナー】
2024年 開催予定のお知らせ
講師:風穴 三樹子アドバイザー

今年の開催予定は3回です!

9月~木曜開催~

入門コース 9月 5日(木)
13:00~14:00
実践コース 9月19日(木)
13:00~15:30

11月~日曜開催と火曜開催~

日曜開催
入門コース 11月 3日(日)
13:00~14:00
実践コース 11月17日(日)
13:00~15:30

火曜開催
入門コース 11月 12日(火)
13:00~14:00
●実践コース 11月 26日(火)
13:00~15:30


※実際の募集は、開催日の約1か月半前からです。
※開催日は変更される可能性があります。

👇詳しくは下のバナーをクリックしてください。

安東流・片付ける順番の①

安東流のお片付けには順番があり、いちばん初めに取り組む①は、納戸や物置です。

一戸建てで、外に物置がある場合は、そこから。

そこは不用品が多く潜んでいる可能性が高い場所であり、何度も見直すべき肝心な場所です。

お片付けの現場でも、物置や納戸の改善には留意し続けます。

倉庫のお片付け

わたしの家は超レトロな店舗兼住宅で、大きな物置である「倉庫」がいくつかあります。

戦後の復興期からバブル時代を中心に、買ったり頂いたりしたものが「また何かで間に合うことがあるかも」と倉庫へ持ち込まれていきました。

そこが満タンになると、祖父が増築やリフォームを繰り返し、土地いっぱいになるまでやり続けました。

実際にお片付けをしたときは、倉庫群のお片付けに、かなりの労力を要しました。

倉庫ひとつにリフォーム2回

下の写真はいくつかある倉庫のうちのひとつで、扉の向こうは車1台分の車庫。
これまでに2回、改築をしています。

鉄筋コンクリート造りで2階が住居になっており、建設当初1階に壁はなく、車2台が駐車できるガレージでした。

リフォーム1回目

その後ガレージの半分のスペースに、簡易的な壁を設けて倉庫にしました。

壁の外側はサイディング、内側はベニヤ板、床はコンクリートのままです。

改築から何年も経過したのち、わたしがアドバイザーになる前に倉庫の片付けに着手。
当時お片付け後、DYIでちょっとワルな感じに仕上げました。

リフォーム2回目

さらにその後リフォーム工事が入って、工事中に出てきた雑多なモノが棚に置かれ、そのまま現在の状態です。

リフォーム1回目のドアは外から見たところ、隠し扉になっている面白いドアでした。

そのためリフォーム2回目に付いた現在の引戸は、あまり気に入っていません。

リフォーム1回目のドア

まえのドアは近所の大工さんが、この家にあった納戸用の扉を再利用し、取り付けてくれたものでした。

外側に面していますが、雨があたらない場所にあるため、木のドアでもいいだろうとの判断だそうです。

内側に2ヶ所ある錠前が、ドアの持つ唯一のセキュリティー。

下の絵はドアを、外側から見たところ。

ドアは、どこにも無いように見えます。

絵では水色の枠で囲みましたが、よく見るとドアのある部分には、わずかな隙間が。

実はそこにドアがあって、裏口へ直接出るにはここがいちばん。

敬意を表して「ニンジャドア」と呼んでいました。

※忍者はイメージ

再びニンジャドアを家の中から見たところです。

お片付け前

お片付け前は暗くて埃っぽい場所で、よほどの探し物があるとき以外、だれも来ません。

外へ出るときも、ここ以外の出入り口をつかうことが習慣となっていました。

倉庫のお片付け

ここをお片付けした時にドアの上に設置されていた、埃だらけの棚を撤去。

すると急にドア周辺が明るく快適になりました。

棚と、そこに乗せられていたモノが、天井に取り付けられた照明の光を遮って、倉庫全体を暗くしていました。

さらにお片付けを進め、天井付近にあった大きな棚も取り払いました。

☆アフター

創業60年の店の歴史と共に、その時々の情勢と向き合いながら、工夫し続けてきた商売のやり方を垣間見るような代物が、たくさん出てきました。

安東先生のYouTube、新シリーズでご紹介されているお宅は、インテリアに歴史や物語があって素敵です。

②【ルームツアー】アメリカで購入した巨大トランクと地図~リビングの一角に本がたくさん~子供部屋が狭くてリビングに~▶片付け収納アドバイザーに興味がある?

☆アフター

お片付け前は誰も近寄らなかった倉庫ですが、棚が機能するようになり、ニンジャドア使って、家の外へ出入りするようになりました。

当たり前すぎますが、雨の時は濡れずに車に乗れたりと、格段に生活しやすくなりました。

しかし倉庫の棚はこれだけではありません。
棚のすぐ向かい側に、スチール製の錆びた大きな棚があり、そこにも食器類が天井付近まで積み上がっていました。

さいごまで読んで頂いてありがとうございます。

月曜あさ6時に定期更新しています。
またのご訪問をお待ちしております。

《にほんブログ村》に参加しています。
安東流なら片付くよ!

~本物のお片付けで皆様に笑顔の暮らしを~
応援クリックよろしくお願いいたします

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です