“ぼくたちのおうち”⑥【ふたりの子供部屋】安東流でうれしい空間へ

片付けの伝道師
安東英子先生認定
美しい暮らしの空間アドバイザー
小野 美和子
安東流
本物のお片付けをご一緒に

◎活動地域
大阪府 京都府 奈良県
その他 地域はご相談ください
小野美和子への
お問合わせ・お申し込みは
こちらです

マンションにお住まいの、4人家族のお片付けをご紹介しています。
今回は、兄弟それぞれに専用エリアをつくります。

ご家族の皆さま、ブログ掲載にご協力頂き、ありがとうございます。

Zoomセミナー開催のお知らせ

【写真・思い出品 整理】Zoomセミナー
講師:柴田 佐妃子アドバイザー
大切なのに、ついつい後回し
貯めがちになる 写真や思い出品。
解決方法を学べます!

~詳しくは👆のバナーをクリック~

安東流お片付けのエッセンスをギュッと詰め込んだ整理方法をお伝えするセミナーです。

夏休みを機会に写真や思い出品の整理を始めてみませんか?

安東先生のYouTube『美しい暮らしの空間チャンネル』

異国情緒あるれる素敵なインテリアは、どれも現地調達。
ご友人から「サバイバル」と呼ばれている箇所が垣間見える、個性的でたのしい空間です。
安東先生のお片付けで洗練された空間に、インテリアの楽しみが加わりました。

【⑩キッチン大変身~またまた奇跡のドンピシャリ】エェェ?と驚くことが次々と~色をプラスして大喜びの依頼者▶写真・思い出品整理Zoomセミナー

安東先生のYouTube『美しい暮らしの空間チャンネル』は
5と0のつく日にアップされます。

~~ここから本文です~~

兄弟のおうち

ご夫婦と兄弟の4人家族は、2LDKのマンションにお住まいです。

お兄ちゃんが10歳。
弟くんは3歳で、春から幼稚園です。

キッチン☆アフター
ダイニングキッチン☆アフター
納戸☆アフター

唐須アドバイザーと小野のふたりで伺っているご兄弟のおうちは、キッチン完成後、『おうち丸ごとお片付けコース』へ。

お母さんのUさんより:「キッチンのお片付けからお願いをしましたが、キッチンがガラッと変わった驚きと感動が、お片付けに弾みをつけたような気がします。」

ここからは安東流・お片付けの順番に沿って進みます。

まずは子供部屋に、ご兄弟それぞれの専用エリアをつくることにしました。

子供部屋をエリア分け

兄弟のお部屋は6畳の和室です。

子供部屋

普段は押入れ側へ、お布団を二組敷いて就寝。

そのため部屋の押入れ側、半分のスペースを、日中はフリースペース、夜はお布団を敷く場所に設定します。

ここは兄弟の「共有エリア」です。

黄色の箇所が
兄弟の共有エリア

残る半分のスペースを、兄弟それぞれの「個人エリア」に分けて使います。

兄弟それぞれの個人エリア

👇お片付け前は主に、向かって右側へお兄ちゃんのモノ。
左側に弟くんのモノが収納されています。

両側に家具が並ぶ

現状では兄弟の持ち物が混在しやすく、収納場所があやふやに。
兄弟の居場所もそれに準じ、流動的な状態でした。

お兄ちゃんの机

Uさんと作戦を練った結果、お兄ちゃんには、安東先生考案の「引き出しケースをつかった勉強机」を作成することに。

これがお兄ちゃんの場所である、決定打となります。

引き出しケースをつかった
勉強机

安東先生のブログ『素敵な暮らしの扉』を参考に、あらかじめ、Uさんに材料を用意しておいていただきました。

使用する木材は、パイン集成材(☞パイン材の板や角材などを乾燥後、縦横方向に接着させて作った木材。伸び縮みしにくく強度があり、耐久性に優れる)。

塗装前にお兄ちゃんに座ってもらい、木の香りと、完成した雰囲気を味わいます。

味わいの、ひと時

塗装は忙しいご夫婦に代わって、わたしがすることになっています。メガネ着用はヤスリ掛けの装備。

お兄ちゃんには専用の机に加え、本棚も専用に。
👇扉付きの本棚が、机の高さとも相性が良さそうです。

ビフォー

新たな勉強机と既存の本棚をつかって、お兄ちゃんのエリアづくりが開始。

唐須アドバイザーは子供部屋で、お兄ちゃんと作業を進めます。

お兄ちゃんと唐須アドバイザー

Uさんより:「(お兄ちゃんには) 唐須さんと、一緒にお片付けすることで、いろいろと自分のものの管理について覚えてくれたら嬉しいです。
楽しく、優しく、お片付けのことを教えて下さって、ありがたく思いました!」

板と小野

わたしは板と進めました。

ビフォー☆アフター

お兄ちゃんの専用エリア、ビフォー☆アフターです。

ビフォー
☆アフター

引き出しケースの正面に、お兄ちゃんとカッティングシートを貼りました。

ビフォー
☆アフター

お友達が遊びに来たとき、勉強机を見て「いいなぁ」と言ってもらえた、カスタムメイドの机です。

弟くんの「図書館」

弟くんのエリアには、部屋の両側にあったカラーボックスを、2台並べて置き、絵本を一か所に集めました。

ビフォー
ビフォー

白いテーブルは日中、共有エリアに出して使用。

☆アフター

お兄ちゃんは絵本や塗り絵を卒業しているので、このカラーボックスには弟くんのモノだけが収納されています。

弟くんは、集まった絵本をみて「図書館」と表現してくれました。

共有するモノの収納

兄弟ふたりでつかう玩具や小物は、無印良品の引き出しケースと、白い引き出しチェストに収納。
この2台は奥行きがだいたい同じなので、共有スペースの方へ向け、並べて設置しました。

ビフォー
☆アフター

これで、子供部屋の共有エリアと、専用エリアづくりが完了。

それぞれのエリア☆アフター
共有エリア☆アフター

さっそく兄弟とお父さんの室内野球が開戦しました。
勝利は誰の手に…⁈

次回へつづきます。

全国の美しい暮らしの空間アドバイザーは、安東流のお片付けで、素敵な空間づくりをサポートさせていただきます!

さいごまで読んで頂いてありがとうございます。

月曜あさ6時に定期更新しています。
またのご訪問をお待ちしております。

《にほんブログ村》に参加しています。
安東流なら片付くよ!

本物のお片付けで皆様に笑顔の暮らしを!
応援クリックよろしくお願いいたします!

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

これまでにブログでご紹介したお片付けを
ショート動画にしています。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です